shiftworks.blog

トヨタMR2(AW11)&自転車&ミニ四駆のカーライフ的なブログ

エスケープR3のパンク修理

取り外したフロントホイール

先日、エスケープR3を所有して初めてパンクを経験しました。

ジャイアント 2006年製のエスケープR3純正のデトネイターも6年程経つので、そろそろパンクすると思っていたところでした。パンク修理は初体験です。

シュワルベのロングバルブチューブ

シュワルベのロングバルブ700☓28C用。

SCHWALBE(シュワルベ) 700×18/28C用チューブ 仏式ロングバルブ 15SV-EX.L

実は最初、チューブ交換をする予定でした。結局チューブ取り出すので、それならパンク修理よりチューブごと 交換したほうがいいよなーと思っていたのです。

 

バルブナットを取り外します

空気を抜いた後(パンクしているなら空気抜けてるハズ・・・)、まずバルブキャップとナットを取り外します。純正のプラスチックのバルブキャップだと失くしたり、切れたりしてすぐ使い物にならなくなるので、私の場合は金属製のキャップに変更してあります。

 

タイヤレバー使用

Panaracer(パナレーサー) TL-3 タイヤレバー TL-3

タイヤレバーをスポークに引っ掛けたりしながら、なんとかしてタイヤを片側だけ取り出します。

 

タイヤ取り外し

外れました。

 

チューブ取り外し

続いてチューブを取り出します。

 

チューブ取り外し成功

無事チューブを取り出せました。

 

エアポンプを差し込んで確認

エアを入れてパンクの箇所を確認中。

 

パンク発見!

パンクを発見しました。

 

タイヤのパンク箇所

タイヤ側に何か刺さっています。

 

ガラス片

このような、ガラス片(もしくはプラスチック?)のようなものが刺さっていました。これが原因。

パンクの穴

結構大きめな穴。というかタイヤが劣化していて細かいヒビが・・・。もう寿命か。

 

パンク修理キット

近日中にタイヤ交換する可能性を考えて、今回はチューブ交換ではなくこのパナレーサーのイージーパッチキットを利用して修理することにしました。新品チューブがもったいない・・・。


Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット RK-EASY

 

パンク修理中

パッチを貼りました。

 

エア漏れ確認中

少し空気を入れて修理箇所から漏れがないか確認します。


Panaracer(パナレーサー) ミニフロアポンプ BFP-AMAS1

 

チューブを収めます

問題がなければ空気を抜いてチューブをタイヤに入れていきます。アバウトだと噛み込みの原因になりやすいらしいので注意深く。

 

タイヤレバーの傷跡

プラスチックのタイヤレバーを使っても傷はついてしまうんですね。。。

 

エアを入れて確認

チューブを噛んでいないか、タイヤのサイドを揉んだりして少しづつ空気を入れていきます。

 

実際の空気圧を入れる

最後に、ホイールを自転車に装着して実際の空気圧を入れていきます。緊張。

Panaracer(パナレーサー) 楽々ポンプゲージ付 ブラック D-8/BFP-GBG

 

修理完了!

今回は初めてのパンク修理でしたが、トラブルもなくスムーズ行きました。後はチューブの噛み込みがないかが気になるところです。パンク修理は一度経験しておくと遠出した際に路上で修理が可能になるので、良い経験ですね。

自転車用のタイヤはどれくらいで交換するものなんでしょうかね?車のタイヤと同じと考えると、溝が無くなるか、5年程度経過したくらいでしょうか?


1 comment
  1. […] ードや高い空気圧で使用するため、念のため予備チューブに交換しました。作業自体は前回のパンク修理とだいたい同じなのですが今回のほうが写真が多いので見やすいかもしれません。 […]

Submit comment

*