shiftworks.blog

トヨタMR2(AW11)&自転車&ミニ四駆のカーライフ的なブログ

エスケープR3のチューブ交換に挑戦

ジャイアント エスケープR3 のチューブ交換

ジャイアントのエスケープR3(2006モデル)のフロントのチューブを交換してみました。写真大量です。


ジャイアント エスケープR3 のチューブ交換

以前フロントタイヤがパンクした時「チューブはタイヤ交換する時でいいや」という感じだったのですが、それなりのスピードや高い空気圧で使用するため、念のため予備チューブに交換しました。作業自体は前回のパンク修理とだいたい同じなのですが今回のほうが写真が多いので見やすいかもしれません。

 

シュワルベ 700×28C用エクストラロングバルブ(60mm)

今回交換したのはシュワルベの700×28C用エクストラロング(バルブ長60mm)です。予備チューブとして数年前に購入したもの。


SCHWALBE(シュワルベ) 700×18/28C用チューブ 仏式ロングバルブ 15SV-EX.L

自転車用チューブに空気を入れる

まず念のため交換するチューブに空気を入れてみます。初期不良とか経年劣化などを調べるためです。

 

パナレーサー 携帯用空気入れ

空気入れはパナレーサーの携帯用を使用しました。いつもメッセンジャーバッグの中に常備しています。


Panaracer(パナレーサー) ミニフロアポンプ [フットステップ装備] 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-AMAS1

シュワルベ チューブ 60mmのバルブ

無事空気は入りましたが、バルブが甘め(?)でちょっと緩めるだけで空気が漏れてきます。これで大丈夫なのかなーと思いながらも作業を進める(空気圧を通常通り高くすれば問題ありませんでした。作業後に判明)

 

ジャイアント エスケープR3のバルブ

次に、タイヤの空気を抜きます。

 

ジャイアント エスケープR3のバルブ

バルブリング(ロックリング?)を取る。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換 タイヤを揉む

タイヤのビード部分を揉んでチューブやタイヤの癒着を剥がす。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換 タイヤを剥がす

バルブの反対側付近にタイヤレバーを差し込む。金属製のタイヤレバーだとホイールを傷つけてしまうかもしれないのでプラスチック製が良いです。このオレンジのは100均のだったような。


SCHWALBE(シュワルベ) タイヤレバー(3本セット) TIRELEVERS

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

上から見るとこんな感じ。

 

ジャイアント エスケープR3のタイヤを剥がす

もう一本のタイヤレバーを使ってホイールからタイヤを外していきます。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

タイヤ交換するわけではないのでタイヤの片側だけ外せればOK。

 

ジャイアント エスケープR3のバルブ

バルブリングを外す。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

バルブの反対側からチューブを引っ張り出します。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

上から。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

そして最後にタイヤをちょっとずらしてバルブを引っこ抜きます。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

抜けました。

 

ジャイアント エスケープR3の純正バルブとシュワルベのエクストラロングバルブ

左が新しい60mmバルブ。純正は40mmくらい?

 

パナレーサーのイージーパッチキットでパンク修理した跡

以前パンク修理した跡を確認。ほとんど一体化しちゃうんですね。結構驚きでした。

 

パナレーサーのイージーパッチキットでパンク修理した跡

このまま乗っても問題無さそうな感じ(笑)

 

パナレーサーのイージーパッチキット

前回の修理の際にはパナレーサーのイージーパッチキットを利用しました。なかなか優秀ですね。


Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット [パンク修理パッチ] RK-EASY

ジャイアント エスケープR3 の純正チューブ

純正のチューブにはゴムの合わせ目がありました。結構な段差です。

 

シュワルベのチューブ

新しいシュワルベのチューブにはこの様なリブがあるだけで、先ほどのような大きな段差はありません。品質にちょっと期待しちゃう。

 

シュワルベのチューブ(インドネシア製)

シュワルベのチューブはインドネシア製です。ゴムの生産といえばインドネシア。車(AW11)にもインドネシアのタイヤ使ってます(笑)

 

ジャイアント エスケープR3の純正チューブ(台湾製)

純正は台湾製でした。まぁジャイアントですからね。当然といえば当然。

 

ジャイアント エスケープR3のバルブホールのバリ

バルブのホールはちょっとバリが残ってます。でも特に問題無さそうなので見なかったことに。

 

ジャイアント エスケープR3の純正リムテープ

裏側はこんな感じ。リムテープの寿命は調べていないので分からないのですが、今度のタイヤ交換時にやったほうが良さそう。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブを交換

作業の続き。新しいチューブをバルブホールに入れます。当然ですが先ほど入れたチューブの空気は抜いておきます。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブを交換

チューブを入れていきます。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブを交換中

チューブが入れ終わったの図。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブを交換中

少し空気を入れてチューブを正しい位置に。

 

ジャイアント エスケープR3のタイヤの経年劣化

タイヤ・・・大丈夫かな・・・。

 

ジャイアント エスケープR3のタイヤの経年劣化

こんなのも出てきてるのですが・・・。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

あとはタイヤを入れていくだけです。写真のようにバルブの反対側からハメていき、最後にバルブ周辺をリムに収めます。

 

ジャイアント エスケープR3のタイヤ入れ

もしかしたら今回でこれが一番大変な作業だったのかも。二本同時に使って入れるとラクです。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換 終了

タイヤを入れ終わりました。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中

チューブを噛みこんでいないか、注意深くビード周辺を揉んだり押したり。少しづつ空気を入れます。

 

ジャイアント エスケープR3のチューブ交換中 仕上げ

特に異常がなければ携帯用ポンプでそこそこ空気が入る程度に入れます。

 

シュワルベ エクストラロングバルブ

バルブリングを軽く締めます。

 

ジャイアント エスケープR3 フロント

そして自転車にセットして指定空気圧通りにポンプで空気を入れて終了です。


Panaracer(パナレーサー) NEW 楽々ポンプ [イエロー] 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-PSAY1

予備チューブとパンク修理キット

純正のチューブは一度パンク修理していても、応急用としてまだ使えそうだったので念の為にスペアパーツとして取っておくことに。多分使わないと思いますケド。

というわけで交換が完了したのですが、今は梅雨で雨が降っているのでいつ試運転出来るのか分かりません。交換手順は間違っていないと思うのですが、念のためサイクルショップやタイヤメーカーなどのサイトを参考にどうぞ。

サイクルベースあさひ タイヤ・チューブの外し方とはめ方

maxxis 自分でできる!タイヤチューブ交換方法

ちなみに私は前回パンク時に一度行なっているので、今回は自分の経験だけで交換しました。意外と覚えているものですね。

 

2013 6/24 追記

交換した次の日に10kmほど試運転してみましたが、特に問題もなく走れました。現在の空気圧はF:600kPa、R650kPaで走っています。以前はF:650kPa、R:700kPaだったのですが50kPa下げただけでとても柔らかな印象になりました。リアがまだゴツゴツした印象なので、リアも600kPaにして様子を見ようと思います。

 

2013/07/16追記

600kPaだと走行にギリギリな気がしたので現在はフロント、リアともに650kPaに設定して走っています。少々固めの印象ですがある程度のマージンを考えるとこの設定が丁度良い感じです。


1 comment
  1. […] 色々すっ飛ばして交換作業。タイヤやチューブを外す作業については以前行ったチューブ交換の記事に書きましたので割愛します。 […]

Submit comment

*